返済の免責の申請の過去7年以内に債務免除

免責不許可事由というのは自己破産をする人を対象に以下のような要件にあたっている人は負債の免除を認可しないというような概要を言及したものです。肌の糖化対策

つまりは、極言するとお金を返すのが全くできない方でも、そのリストに含まれている場合には債務の帳消しが却下されてしまうことがあるということになります。うにを美味しく保存するためには

破産申告を出して、借金の免除を勝ち取ろうとする方にとっての最後にして最大の難題がこの「免責不許可事由」ということになるのです。アフィリエイト おすすめ

これは主な不許可事由です。カイテキオリゴ レビュー

※浪費やギャンブルなどで、いたずらに財を乱用したり借金を抱えたとき。

※破産財団となる信託財産を隠匿したり、毀損したり債権を有する者に不利益に処理したとき。

※破産財団の負担を虚偽に多くしたとき。

※自己破産の原因を持つのに、債権を有する者に特別の利を与える意図で担保となるものを譲渡したり弁済期より前に借金を返済した場合。

※前時点において弁済できない状況にあるのに、事実を偽り債権を持つものをだまし上乗せしてローンを続けたり、くれじっとなどを通して換金可能なものを決済したとき。

※ウソの貸方の名簿を裁判に出した場合。

※返済の免責の申請の過去7年以内に債務免除を受けていた場合。

※破産法が要求している破産申告者の義務内容に違反したとき。

これら8つの内容に該当しないのが要件ですがこの内容だけで実際のパターンを思い当てるのはある程度の経験がなければ難しいでしょう。

さらにまた、頭が痛いのは浪費やギャンブル「など」と記載されていることにより想像できますがギャンブルとはいえただ具体例の中の一つでしかなく、ギャンブル以外にもケースとして言及していない場合が山ほどあるというわけなのです。

具体例として言及していないことはひとつひとつのパターンを指定していくと限度がなくなり実際例として書ききれないようなときや、これまで残っている裁定に基づく判断が考えられるため、ある例がそれに当たるのかは普通の方には通常には判断が難しいことが多分にあります。

しかしながら、その事由になっているなどとは思ってもみなかったような場合でも免責不許可の旨の決定がいったん下されてしまえば、判決が変更されることはなく、返済の責任が残ってしまうばかりか破産申告者としての立場を7年間も負い続けることになります。

ですから、免責不許可による絶対に避けたい結果を防ぐためには、破産を選択しようとしている段階においてちょっとでも不安や理解できない点があるときは、まず破産に詳しい弁護士に相談してみてください。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.vancouverislandtreaties.org All Rights Reserved.