www.vancouverislandtreaties.org

支払うべきお金が存在しているクレカの契約失効手続きを行う際も注意≫ボーナス払いあるいはリボ払い前借りといった類いの未払いのお金への責務が依然として果たされていたいステップのまま契約失効手続きをしてしまうと、ごく自然な話ですがクレカの機能停止と一緒に未払い残額について一度に全額返済を促されるケースも存在します(要するに精算が未完了の金額を無効化してしまうつもりならば早く払えというように言われる)。資金に十分な余裕が残っている状況だということであれば良いと思いますが先立つものが不足している状態でこのような解約などをしてしまうのは戻ってきたブーメランで怪我をするようなものなどとも言っても過言ではないのであるからちゃんと精算が済んでからクレカの機能停止を進めるというように時期を工夫した方が無難でしょう。契約失効手続きにおいてどれくらい保持しているカードを購入に使用して精算にかかる費用がどれくらいかを照会した上で使用取りやめして頂きたいと思います。使用不可能化のための支払いというものがかかってしまうカードもあることに注意:最近、すこぶる特殊な例となってはいますが限られたクレカで無効化のための代金に類するものが必要になってしまう場面がある(限られたJCBカードなど)。相当稀なケースでのみ発生するものである故まず悩まなくてもトラブルは起きないのですが、カードを契約してから定められた期限より前の段階で無効化を行うような状況に際して無効化手数料などというものが請求される決まりになっているから、このような使用取りやめ上のマージンを支払いたくないのであれば契約書などで定められた期間が過ぎるのを待ってしっかりと使ってから機能停止するようにすると良いでしょう。ところで頭に入れておいて頂きたいのですが、こういったケースは使用取りやめを申し出た時に社員側から告知あるいは言い渡しのようなものがぬかりなく行われることがほとんどです。先立ったお知らせもないまま突発的に解約手数料に類するものが引き落とされるというようなことは考えにくい話ですので軽い気持ちで契約失効手続きをオペレーターに相談してみることで所有しているカードの無効化にかかる金額がかかるかそれとも必要ないか問い合わせて頂きたいものです

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.vancouverislandtreaties.org All Rights Reserved.