断じてしてはいけません

現実にパソコンの。無駄吠え 近所迷惑

ディスプレイの前に座って、休むことなく変動している為替相場を眺めていると、どことなくエントリーをしなければならないという感情に駆られる状況も少なくないと思います。大庄 評判

だけど、ぼんやりした考えでエントリーするのだけは、断じてしてはいけません。クリアネオ 消臭スプレー わきが

事実、マーケットは終日、常にどこかで市場が動いているし為替レートも常に、上がったり下がったりします。ナチュラル カラコン

そうであっても、何回も注文を繰り返していると、それだけ損失を被る危険性が高くなります。一人暮らし インテリア 一式

確かにトレードの数を経験することによって、次第に利益を上げられる確率が半々に近づくのは事実です。http://www.rabidtigers.com/

しかしこの事は「はっきりしない直感で取引」とは別の話です。神奈川県 ナース人材バンク

売買回数を増やすというのはあなたが「ここはいける」と考え付いた機会を得た場合の売り買いの回数を増やすという事を言っています。登録販売者

ただ、休む間もなく注文を積み重ねるのとは明らかに違う。爪水虫 市販薬 よく効く

相場の勝負に負けないためには思案してメリハリをつけることこそが不可欠です。

「ここだ!」と感じた市場の時にはいっそ所持ポジションを積み増して思い切り利益を追求する。

「少し分からないマーケットでどう動くのか思いつかないな」と思ったならばいっそのことポジションをひとつ残らず諦めて何もしない。

このぐらいのメリハリをつける方が結果的には注文は勝てます。

外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。

まったくその通り。

為替とは、休みなく売買ポジションを保有する事がすべてではなく売買ポジションを保持せず待っている事も場面によっては必要です。

それでは、どのタイミングで休めばいいのでしょうか。

ひとつめは、先述した通り、現在の外国為替相場が明確に判断できない時です。

上がるのか下がるのか見通せない時は間違って判断すると、自分の作った筋書きとは逆方向に外国為替市場が動いてしまい損失を被ることになる。

こうしたケースではポジションを閉じ、何もせずに静観を決め込むのが最良の方法です。

ふたつめは、自身の体の状態が変なときです。

体の調子と外国為替市場に関係がない考える方もいると思いますが意外とつながりがあります。

健康状態がよくなければ外国為替相場の大少な局面で必要不可欠な判断ができなくなります。

気分が乗らない時は、取引から離れてみるのも大切な事です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.vancouverislandtreaties.org All Rights Reserved.