www.vancouverislandtreaties.org

民事再生による整理は住宅のローンがある複数ある債務に苦しむ方々のために住んでいる家を維持したまま経済的に再生するための法的な債務を整理する道として平成12年11月に施行された解決方法です。この制度には、破産宣告とは違い免責不許可となる条件がなく競馬などで借金ができたような場合においても手続きは選択可能ですし、破産申請をすると業務が行えなくなる可能性のある立場で仕事をされているような場合でも制度の活用が検討できます。破産宣告では住宅を手放さないことは無理ですしその他の債務処理では、借金した元金は返していかなくてはなりませんので、住宅ローンなどを含めて返済を続けるのは多くの人の場合難しいと思われます。といっても、民事再生という方法を選択できれば、住宅のローン以外での負債は相当なカットすることが可能ですので余裕を持ちながら住宅ローンを続けながら残ったローンを払っていくこともできるということになります。でも、民事再生による整理は任意整理または特定調停といった手続きと違い一部の借り入れを除いて処理していくことは許されていませんし、破産手続きにおいてのように負債それそのもの消滅するということでもありません。さらに、それ以外の手続きと比較して手続きの方法が煩雑で手間もかかりますのでマンション等のローンを組んでおり住居を手放せない時などを除き、破産申請等といったそれ以外の方法がない時だけの最後に考える方法と見ておいた方がいいでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.vancouverislandtreaties.org All Rights Reserved.